ころんのブログ

免責事項:当サイトを利用により起きたいかなる損害に対しても、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。自己責任でご利用ください。

ライフハック

なぜ会社を辞めたくなるのか

投稿日:

悩み多き者
会社辞めたい。会社行きたくない。

悟りを開いた者
悩んでいるなあ。

何かあったか?

悩み多き者
上司に怒られて、もう行きたくないよお。

悟りを開いた者
今回はお前さんの

なぜやめたいかを聞くとするかな。

悩み多き者
ありがとうございます!!

理由1.通勤に時間がかかる

通勤時間は、人それぞれだとは思いますが結構な時間をとられます。

家族と住んでいるなど様々な理由で職場より離れて住むことになるなど

近くに住んだらいいよねと簡単に割り切れないところがあります。

また会社の寮などで、職場からすごく近く住むパターンもありますが

会社の人と休みの日に会ったりするときは気が休まらず、気分転換が

できにくい問題も出てきます。また、電車通勤の場合、天候などで

到着時間が遅れたりと予測できないことが起こります。

さらにストレスを感じる原因となるでしょう。

理由2.人間関係が複雑で気苦労が多い

会社の大小かかわらず、誰かと関わって仕事をする人が大半かと

思います。人数が増えるにつれ人間関係が広がっていきます。

上司からの叱責や注意・下からの圧力など、上と下から挟まれ

男女がいるところでは男女関係のトラブルに巻き込まれることだって

あります。世間はパワハラやセクハラなどのハラスメントと呼ばれる

種類が増えてきていて、気軽にコミュニケーションがとれない状態に

なってきています。

理由3.労力に見合う給料がもらえていない

1日8時間プラス残業時間+通勤時間+準備時間と1日のほとんどを

会社で過ごすために時間を使っています。

そして帰ったら夕食してお風呂に入ると、残りの余暇時間は

限られています。そんな中で、給料は満足できるぐらいもらっている人は

少ないでしょう。ましてや、結婚して家庭を持っているひとは

切実かと思います。

出生率が低下してきているのも納得ができます。

共働きで働かないと子どもを産み育てるのは大変なことがわかります。

理由4.会社命令で転勤や新プロジェクトを任される

転勤する人は1年の間に何度もする人もいるし、何十年も同じところで

いる人など業界や業種、経済・経営状況、会社方針など

様々な要因で決定します。しかし、多くはその仕事が慣れてきて余裕が

出てきたときに転勤になることが多いです。

会社は社員に色々な経験を積ませて、最終的には会社経営に

多かれ少なかれ携われる人材を求めているからです。

その社員育成の一環で新プロジェクトの担当になることがあります。

人によっては、大変喜ばしいことでやりがいをもてることですが

そうじゃない人だと苦痛でしかないです。

退社時間は終電間近で、新しくかかわる人がたくさん出てくるなど

ストレスは相当なものでしょう。

サラリーマンは会社の命令で色々なことをしないといけないことが

わかります。 

-ライフハック
-, , , , ,

                                          

関連記事

テレビを見ない人が増えている理由

悩み多き者 最近のテレビは面白くないなあ。 悟りを開いた者 当然じゃ! 悟りを開いた者 今、テレビを見ない人が増えて来ている。 悩み多き者 なんかわかる気がする… 目 次理由1.同じ情報ばかり理由2. …

【実体験】内向型人間が幸せに生きるには

内向型人間の私が幸せに生きるにはどうすればいいのか 実体験を通して同じように悩める人に向けて発信できれば と思いこの記事を書きました。 そんな方に是非とも読んでいただきたいと思います。 目 次内向型人 …

転勤がある会社に勤めてしまっているあなたへ

目 次強制転勤から逃れるためにはなぜ転勤があるのか?転勤を断るのは難しい余裕があるお金を持つ 強制転勤から逃れるためには ・なぜ転勤があるのか? ・転勤を断るのは難しい ・余裕があるお金を持つ なぜ転 …

あなたはそれでも会社に行きますか?

目 次1.パワハラと戦う2.会社の人事に相談3.労働基準監督署にかけこむ4.弁護士に相談する5.あなただけは大切な存在 1.パワハラと戦う 毎日毎日、人格や人間性を否定される。 重箱の隅をつつくように …

【閲覧注意】ミニマリスト生活で運気は良くならない!!

目 次人生好転!?ミニマリスト生活を送ってきた実体験を通して感じること運気は良くならない 人生好転!? 今も根強く続く断捨離ブーム。物を捨てることで運気を良くして 人生を好転させようというものです。ま …

Google検索

アドセン

RSS

follow us in feedly

よく読まれている記事TOP10

 

よく読まれている記事TOP10

当サイトを利用により起きたいかなる損害に対しても、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。自己責任でご利用ください。