ころんのブログ

免責事項:当サイトを利用により起きたいかなる損害に対しても、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。自己責任でご利用ください。

ブログ運営 ライフハック

転勤がある会社に勤めてしまっているあなたへ

投稿日:

強制転勤から逃れるためには

・なぜ転勤があるのか?

・転勤を断るのは難しい

・余裕があるお金を持つ

なぜ転勤があるのか?

転勤がある会社が多くあり、日本では特に顕著に

行われています。

そもそも転勤は必要なのでしょうか?

会社がしている目的は従業員のスキルアップを図っています。

ここでふと疑問が出てきます。

転勤をしたらスキルアップするのでしょうか?

ここは難しいところです。確かに今働いている場所では

得られない経験をできる場合もあり、そこで新たな知見を得る

可能性もあります。この可能性に賭けて会社は転勤を命じます。

しかし、それに伴い命じられた方は失うものがあまりにも

多いです。

・職場で築き上げた仕事の手順、スキル、人間関係

・プライベートの人間関係(友達、恋人など)

・家庭(奥さん、子ども)

・勝手がわかる周辺の地域

etc..  数え上げると切りがありません。

また単身赴任という選択ではなく、家族も一緒に引っ越しと

なるとそれに伴い子どもも転校したりとさらなる負荷が多く

なります。

転勤を断るのは難しい

じゃあ会社から命じられたら、上記なように失うものが多いし

断ればいいんじゃないかという話ですがそんなに簡単に

即決できるものではありません。

断った後に想定されるリスク

・今いる職場に居づらくなる

・会社からの圧力、無茶な量・質の仕事を押し付けられる

・高い目標を求められ、できなければ過度に叱責する

・出世ができなくなる

etc..

上の印象が悪くなり、仕事がしづらくなると想定されます。

・・・断れないですよね 

 

、、、、無理!!!

余裕があるお金を持つ

どうしても転勤したくない。そんなあなたにいくつかの

解決策があります。

・出世をあきらめる

・圧力なんかに屈しない心を持つ

・上に反発する

う~ん、どれも現実的ではないですね。

解決していないですね。

答えはただひとつ。余裕のあるお金を持つことです。

すぐに会社をやめることは難しいと思うので、副業を

してみることをおすすめします。

お金に余裕があればいつ解雇されてもいいという気持ちに

なれるし、言われる前にこちらから退職することを選択

することもできます。その中でもブログの運営は、元手は

ほとんどかかりません。失敗はなく、成功すれば

月収100万円を越すことあります。

巷で言われる不労所得ではありませんが

努力する価値のあるビジネスと言えるでしょう。

-ブログ運営, ライフハック
-, ,

                                          

関連記事

株式投資が人生で一番幸せな生き方

人生で一番幸せな生き方は何かわかるだろうか。 それは、お金持ちになることでも異性にモテることでもない。 それは、【自分に正直に生きることである】。 私は現在サラリーマンである。社会的にはごくごく一般的 …

努力するのと同じくらい大事なもの

目標を目指すときに、今の現状と目標との差を縮める 行為を努力といいます。少なからずみなさんは 努力をしてきたかと思います。 ただその努力が必ず目標を達成したかと言うとほとんどの 人がNOと答えるでしょ …

時間がかかっても海に行くべき理由

悩み多き者 最近いいことないなあ。 悟りを開いた者 何か悩んでいるのかい? 悩み多き者 仕事でうまくいかないのだよ。 悟りを開いた者 海を見に行くのじゃ! 目 次理由1.心を落ち着かせたい理由2.匂い …

自信がない原因を見つけ克服することで仕事や恋愛の不安をなくそう

目 次自信が持てなかった筆者自信が持てなくなる経緯 自信が持てなかった筆者 最近まで自分に自信がなかった。 なんで自信がないか自分でも理由がわからなかった。 しかし、どこか漠然と感じる生きづらさみたい …

なぜ会社を辞めたくなるのか

悩み多き者 会社辞めたい。会社行きたくない。 悟りを開いた者 悩んでいるなあ。 何かあったか? 悩み多き者 上司に怒られて、もう行きたくないよお。 悟りを開いた者 今回はお前さんの なぜやめたいかを聞 …

Google検索

アドセン

RSS

follow us in feedly

よく読まれている記事TOP3

 

よく読まれている記事TOP3

○情報の正確性を保証するものではありません。

○投資の売買は自己責任でお願い致します。

○当サイトを利用により起きたいかなる損害に対しても、当サイト及び管理人は一切責任を負いません。

○また本免責事項および当ブログ掲載コンテンツや情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。